01 大人仕様のNEW七三は2ブロックとコラボ

[使用アイテム]

YANAGIYA ヘアグリース
〈エクストラハード〉

2ブロックのおかげで王道かつモダンな仕上がり。
タイトに仕上げた毛流れからしっかりと
刈り上げを見せることでシャープな印象に。

BACK

SIDE

HOW TO STYLE

  1. 500円玉大のグリースを髪全体にしっかりとなじませてツヤを出していく。

  2. 黒目を起点に7:3でパート分け。コームを使うとキレイに分かれる。コームで根元からしっかりとかして、フォルムをタイトにまとめる。

  3. ウエイトの多い方の前髪をトップに乗せるようなイメージで流しながらアップにする。

  4. ツヤ感を強調するため、仕上げにグリースを全体になでつけるようにつけたら完成。

Arrange

毛束の動きを駆使した
アクティブショート

分け目はラフにして、全体を根元から立ち上げるように仕上げることで、アクティブな雰囲気に。

HAIR SALON

担当/市川 翔
(ザ・バーバー 東京)
Tel:03-6256-0887
東京都千代田区丸の内1-8-1
丸の内トラストタワーN館 2F

02 遊び心を効かせた大人のサイドパート

[使用アイテム]

YANAGIYA ヘアグリース
〈エクストラハード〉

スタンダートなサイドパートは、長めの前髪で
カジュアル感を演出。男らしさと遊び心を兼備した
大人のたたずまいを感じさせる。

BACK

SIDE

HOW TO STYLE

  1. 適量のグリースを髪全体にまんべんなくなじませツヤを出していく。

  2. 7:3のバランスでサイドパートに分ける。毛先に遊びをつけるので分け目はきっちりと。サイドを後ろに流し、タイトに仕上げメリハリを。

  3. 前髪をアップに。根元からしっかりと握って高さを出すのがコツ。

  4. 毛先をつまみ、ねじるようにしてカール感をつくり、動きのある毛流れを演出。

Arrange

毛流れを変えて
カジュアルにシフト

トップには高さを出し、前髪を少し上げることで美シルエットはしっかりキープ。

HAIR SALON

担当/阿部周平
(ザ・バーバー 渋谷)
Tel:03-5728-6558
東京都渋谷区円山町22-15 1F

03 ツヤ感で品格を高めたゆるウェーブミディ

[使用アイテム]

YANAGIYA ヘアグリース
〈グロスハード〉

アンニュイなウェーブ感を駆使した大人なミディアム。
グリースのツヤ感を加え、まとまりある仕上がりが
上品な空気感を醸す。

BACK

SIDE

HOW TO STYLE

  1. 手に500円玉大のグリースをなじませる。乾燥しやすい中間から毛先を中心によくもみこむと、重くなり過ぎずセットしやすくなる。

  2. 分け目をつける。
    ほどよくラフに仕上げるため、手グシでざっくりと行うのがポイント。

  3. 横への広がりはフォルムの美しさを損ねるので、サイドの量感はしっかりとおさえる。

  4. 毛先をつまんで動きを演出。毛先にスキマを入れるように散らしながら行う。

Arrange

旬なサイドパートで
マルチなシーンに対応

分け目をよりサイドから取ることにより、あらゆるシーンに対応可能なスタイルに。

HAIR SALON

担当/DAIKI
(オーオ シカシカ)
Tel:03-3780-8331
東京都渋谷区代官山町12-16
シンフォニー代官山 201

04 量感を程よく残した重軽アップバングヘア

[使用アイテム]

YANAGIYA ヘアグリース
〈デザイニングハード〉

ベースはナチュラルなマッシュショート。
アップバングですっきりとした雰囲気を演出しながらも
重厚な質感を持つ新しいバランス。

BACK

SIDE

HOW TO STYLE

  1. ドライヤーで髪の生えグセを取るように、後方から、前方からと順番に乾かす。

  2. 親指大のグリースを髪になじませる。流す方向に逆らうように、後ろから前へ。

  3. さらに、前から後ろにザックリと流すようになじませると立ち上がりができる。

  4. 黒目の位置を目安に手グシでザックリとパート分け。最後に細かくバラつく後れ毛をおさえて仕上がりに差をつけよう。

Arrange

ナチュラルな毛流れで
リラックスモード

いろんな方向からドライして少量のグリースをさっくりとなじませるだけの、大人のリラックススタイル。

HAIR SALON

担当/小林裕司
(アットラブ)
Tel:03-5771-5262
東京都渋谷区神宮前3-28-3

05 ツヤ感が際立つスパイキーウルフヘア

[使用アイテム]

YANAGIYA ヘアグリース
〈ウェットグロス〉

ポイントはスパイキーな束感。
ウェットなツヤ感を加えることでさらに存在感を高めた。
トレンドのウルフヘアとの相性もピッタリ。

BACK

SIDE

HOW TO STYLE

  1. ドライヤーでトップを中心に、しっかりと立ち上げるように乾かす。

  2. 100円玉2つ分くらいのグリースを根元からしっかりとなじませる。

  3. 剃り込みあたりを目安にパート分け。サイドは手のひらを使い、きっちりタイトに。さらにトップからフロントの毛先をつまみ毛束をつくる。前方向を意識してアクティブな質感に。

  4. 最後に、えり足を頭の形に添ってなでつけキレイなフォルムに仕上げる。

Arrange

自然に流した前髪が
大人な表情を生み出す

シャープな束感はそのままに前髪を下ろしてナチュラルな風合いの、大人っぽいテイストにチェンジ。

HAIR SALON

担当/TOMOMI
(グリコ)
Tel:03-6427-9062
東京都渋谷区神宮前6-14-12
モード・エス 2・3F